前髪 生え際 後退 薬用プランテル

前髪の生え際が後退したと感じたらすぐに予防改善!【30代までに】

鏡を見るたびに前髪の生え際が後退してると感じるようになってきた。

昔はおでこに指4本分しか入らなかったのに最近は5本入るようになったいた。

剃り込みを入れたいたわけでもないのにM字はげのようになってきた。

 

このように実感する20代の方が多くなっています。

前髪,生え際,後退,薬用プランテル,M字はげ

 

実際に前髪の生え際が後退したきたと感じるということはハゲ始めている証拠です。現に男性は20歳を超えると髪の毛のピークを越えて減退期にドンドン突入していきますのでハゲ初めても全く不思議ではないのです。

 

むしろ早めに生え際の後退に気づけた方が予防や改善策をとれるのでラッキーだと考えた方が、ストレスも軽減されるので髪の毛や頭皮にとっても良いことなのです。

 

 

前髪の後退に最も効果的な予防策は?

髪の毛や頭皮に良いことは沢山あります。その中でも最も即効性があって効果が期待できるのが育毛剤を使用することです。ただ育毛剤を使用すると言っても、なんでもかんでも効果が期待できるのか?と言うとそんな事はありません。

 

育毛剤とひと口に言ってもかなりの種類が存在します。その中で効果が期待できるのはごくわずかのもので大半は頭皮環境を改善するどころか悪化させることになりかねません。
その理由が3つあります。

 

 

添加物を含んでいる

出来る限り無添加の物を選ぶようにしてください。これは添加物によって頭皮環境を悪くしてしまうと髪の毛が育たなくなってしまうのです。その影響で抜け毛も増えてしまい悪循環のスパイラルへと入っていきます。

 

医薬部外品として認可されている

医薬品として知られているのが「ミノキシジル」ですが、これは効果はあると認められている反面、副作用の危険性があります。男性で言うと「勢力が減退していしまう」「男性としての機能が低下してしまう」などの影響が数%の方に見られるので注意が必要です。

 

逆に医薬部外品は、厚生労働省が認可しているものです。これは医薬品と認められているものと比較すると効果は歴然ですが副作用がほとんどありません。
それでいて、厚生労働省が認めた育毛発毛成分を含んでいるので期待できます。

 

どこでも売っている市販の育毛剤を使わない

市販の育毛剤とは、医薬部外品として認められていないかつ、安物のことですね。
安物にはそれなりの成分しか入っておらず、効果はほとんど期待できないばかりか、頭皮を傷めてしまうような成分を含んでいることがあります。

 

 

前髪,生え際,後退,薬用プランテル,M字はげ

よく頭皮につけると「スー」っとするようなものがありますよね?あれはメントールと言って決して頭皮に良いとは言えませんので気をつけましょう!

 

 

以上3点、「無添加」「医薬部外品」「市販されていない」をクリアしていてかつ、前髪の後退を予防改善してくれる育毛剤を選びました。

 

薬用プランテル

薬用プランテルは、医薬部外品の育毛剤の中でも「前髪の後退」に最も効果が期待できるものですね。プランテルに直接問い合わせてみたのですが、効果満足度と言うものがあるらいしく「頭頂部よりも前髪(M字)に対しても方が高かった」と言う結果があるそうです。

 

ちなみに全額返金保証が付いてますので、こちらもお得に利用して使用感をまずは試してみるのもいいかもしれません。

 

プランテルは男性専用と言うことで女性の前髪の後退改善に効果があるかは正直微妙なところといえますね。使うのであれば男性のM字ハゲなどに使った方が良いと感じています。

BUBKA

濃密育毛剤BUBKAは医薬部外品として認められています。頭皮環境を改善してくれることで発毛や育毛効果を促してくれる育毛剤です。
BUBKAは前髪に特化していませんし、女性でも使えるようになっていますのでプランテルほどの効果が期待出来るか疑問です。
価格も1万2千円弱しますのでかなり効果な育毛剤と言えますね。

 

こちらも全額保証があるので、使用感を試してみるのがオススメです。

M-1育毛ミスト

M-1育毛ミストは医薬部外品の中でもかなり有名な育毛剤です。
サラヴィオ中央研究所が開発したのですが、一番すごいところは「第7回世界毛髪会議」で最優秀賞を日本の企業として単独で受賞しています。

 

「マイクロセンサー理論」なるものを提唱したのですが、世界に見事に認めらましたので確かな育毛パワーがあります。さすがに認められたのでウソと言うことはないでしょう^^

 

こちらも金額的には1万円弱しますので決して安いとは言えませんし、あらゆる薄毛に対応していると言っているのですが、どこまでのパワーがあるかは分かりません。